業者ならアッという間に引越しが終わる【思わぬ利用法を紹介】

転居に伴う料金の抑制努力

トラック

荷物と作業を削減する工夫

転居する必要が生じると住まいで日常的に使用していた家財道具類を一部処分するにしても大部分は転居先で再度使用するはずなので、転居先まで運ぶ必要があります。もちろん、単身で、近場への転居でわずかな家財道具と寝具一式程度であれば自分で軽トラックをレンタカー会社で借りて引っ越すこともできます。けれども、家族持ちで遠くへの転居となり、荷物が多くなると引越し業者に料金を払って作業してもらうのが一般的です。引越し作業に係る料金は基本料と家財道具の梱包、搬出、転居先までの運搬及び、搬入、開梱等の作業に係る作業費の他にオプション料で構成されます。料金としては第一に引越し先までの距離と使用するトラックの大きさで決まる基本料がかかります。行政の運送約款にモデル料金が決まっているためどこの引越し業者に依頼しても基本料はパターン化されていて大きな違いがありません。むしろ、荷物の量によりトラックの大きさが大きくなったり、作業員が増えると料金の主要部分を占める作業費がアップしたりします。そこで、引越し先で不要になるものや使い古した道具類を処分して運ぶ荷物の量を減らして料金を安く済ますこともできます。その他に、引越しに伴う様々なサービス作業を頼むと料金にオプション料が上乗せされます。空調機器の取り外しや取り付けを頼んだり、一時的に家財道具を預かってもらったり、あるいは、マイカーの運送依頼等が有料サービスとなります。そこで、料金を安く抑えるには荷物の梱包や転居先での開梱作業を自分たちで行ったり、余分なサービス作業を頼まないことがお勧めです。なお、以前からサラリーマンの転勤、或いは、学生の卒業、入学に伴う移動が3,4月を挟んだ数か月間に集中したり、祭日や土、日等に引っ越そうとしたりする人が多くなります。従って、この時期の引越しも避ける方が料金は安く済むはずです。